「MacBook」発売に続いて嬉しいニュース! キャスティングが難航していた映画「愛の流刑地」の主役がようやく決まったそうです。

トヨエツと寺島しのぶで「愛ルケ」という記事より。

作家と人妻の愛と性を描いた映画「愛の流刑地」(鶴橋康夫監督、今年冬公開)のキャストが豊川悦司(44)寺島しのぶ(33)に決まり7月にクランクインすることを16日、配給の東宝が発表した。

菊治(55歳)‥豊川悦司
冬香(36歳)‥寺島しのぶ

主役の「菊治」は55歳という設定なので豊川悦司は若いなと思ったら、年齢設定を10歳ほど引き下げるのだとか。寺島しのぶさんは設定年齢に近いですね。

当初の映画化発表で菊治役は「役所広司」と発表されまして、その後東宝の邦画作品ラインナップページにもちゃんと「役所広司」の名前があったのですが、今年初めにラインナップページから名前が無くなり、ファンの間で「ひょっとして‥‥」と噂が流れていたのですが、やはり降板してしまったようですね。

残念ですが「豊川菊治」に期待しましょう!

そしてヒロイン冬香役には寺島しのぶ。
予想が外れました!

「愛の流刑地」の冬香役について
とくダネ!で愛の流刑地紹介

上記の冬香役予想エントリによると当初本命は鈴木京香で対抗が石田ゆり子だったようです。ですが、というかやはりというか鈴木京香らが難色を示し、他もいろんな女優さんが避け‥‥寺島しのぶになったようですね。

鈴木京香、石田ゆり子共に企業イメージに大きく関わるCMに出てますし、スポンサーがらみというのもあったのかもしれません。

公開ですが、配役が決まらなかった分、秋の予定だったのが冬に伸びたようです。

報道を見ていると「R-15」やら「R-18」やら指定が入るという予想が出ていますが、ぜひとも「R-25」指定が入るぐらいの勢いでやっちゃって欲しいですね!

愛の流刑地 上 (1)

愛の流刑地 上 (1)

愛の流刑地 下 (3)

愛の流刑地 下 (3)

■関連記事

映画「愛の流刑地」で豊川悦司&寺島しのぶ、全裸共演!

「ねえ…だめなの…」、「…すごい…ねえ、首を絞めて」、「お願い。やめないで…」、「ああ…!」(台本より)。

「愛の流刑地」映画化 トヨエツ&寺島しのぶ主演

完成前の脚本には「どこまでいってしまうのか…。自分が怖いくらい…」「ください…わたしを、めちゃくちゃにしてください」など、ゾクゾクするセリフが盛りだくさん。

栗先生による“なりきりネタフル”でお送りしました。