ボビー 金銭トラブルで大暴走!という記事より。

タレントで格闘家としても活動するボビー・オロゴン(39)が25日、東京都渋谷区にある所属事務所室内で暴れ、駆け付けた警視庁原宿署員に連行された。

なんと現場にはジョン・ムウェテ・ムルアカ氏がいて、暴れるボビーを制止したそうです。ボビーは「金よこせ」などとわめきながら暴れたということで、事務所とボビーは金銭トラブルを抱えていたようです。

事務所を訪れ社長に面会を求め、断られると激こうしたということです。

社長の胸ぐらをつかむなど約10分にわたって大暴れ。身長2メートル9のムルアカ氏やスタッフ4人で止めようとしたが、K—1のリングに上がるボビーの力はすさまじく、机やいすを投げるなどマジギレ。

目の前でK-1ファイターが暴れだしたら、誰も止められませんね。

ボビーの言い分として「月末で給料の話をしに行った。以前から払ってくれるよう話していたが、取り合ってくれなかった」というもの。

一方事務所側は、

バングラデシュ出身でボビー担当の通称「ロッキー」と呼ばれる男性マネジャー(43)が、昨年10月ごろから事務所を通さずにイベントや地方テレビ局の番組など計6件の仕事を受けていたと主張。

ということで、逆に横領額が2,000万円以上としてマネージャーを追求していたところだったんだそうです。

かつて所属していたセイン・カミュもギャラをめぐるトラブルで係争中だそうで、会社を通さずに仕事をしていたというのも、もしかするとそういう前例があったからかも? 真相はいかに?

しかし、6つの仕事で2,000万円以上の横領ということは、一本あたり300万円以上のギャラということなんでしょうかね。凄いです。

一方で32歳といっていたボビーに年齢詐称も発覚したということです。

これまで32歳で通してきたが、警察の調べで39歳であることが判明、なんと7つもサバを読んでいた。

うーむ。

■関連記事

ボビー・オロゴンが事務所で大暴れ

社長が拒否し、ムルアカが帰るよう促すと、怒ったボビーが社長を押し倒し、机やいすを投げるなどしたため、スタッフが110番した。

テレビ各局 対応に追われる

特にライブドア事件の渦中だけに「ホリエモン(堀江容疑者)や広報の乙部綾子さんの出演番組を差し替えたばかり。またこんな騒ぎで、もういいかげんにしてほしい」と苦い表情を見せていた。