レコード大賞は倖田来未でした。

「第47回日本レコード大賞」(日本作曲家協会主催)が、東京・新国立劇場で発表され、金賞10作品の中から倖田来未(23)の「Butterfly」が大賞に選ばれた。

「情熱大陸」で見た時は「エロかわいい」だったような気がするのですが、記事では「エロかっこいい」になっていますね。「エロかっこいい」だったのかな。

「情熱大陸」を見る限りでは浜崎あゆみを超えている印象だったのですが、今回の受賞を見ると世間的にもそうなんでしょうかね。どうなんでしょう。キューティーハニーあたりからブレイクしたようですが。

「情熱大陸」では、太めで売れていなかかっため、痩せるかとことんまで太るかという選択を迫られ痩せることにした、というような逸話を披露していました。

Butterfly(DVD付)

Butterfly(DVD付)

■関連記事

倖田がレコ大!「エロかっこいい」で頂点

セックスを連想させるダンスと激しい露出で「エロかっこいい」と人気だが、伝統音楽の血が流れている。京都の実家は祖父が尺八、母が琴を教える名家。

倖田がレコ大初受賞、新人賞はAAA

名前が呼ばれると、驚きの表情を浮かべ、大粒の涙がほおを伝った。プレゼンターを務めた小池百合子環境大臣から「とってもステキ。和製マドンナみたい」と称えられると、やっと笑顔が戻った。