ハウンドドッグ解散否定!8年ぶり武道館という記事より。

3回目のアンコールで大友は「いろいろなうわさや憶測が飛んで、みんなに心配をかけたのは僕が一番恥ずべきこと。心からおわびします」と頭を下げた。

ハウンドドッグ解散説が流れていたのですが、どうやら所属事務所「マザーエンタープライズ」とゴタゴタしていたのが原因のようですね。大友康平は武道館のライブで「自分が活躍する場所はここしかない。ずっとここに立っています」と宣言したそうです。

大友康平が4月1日に個人事務所を設立して独立したことで、解散説が浮上していましたが、マザーエンタープライズの担当者も「解散ではありません。当社のマネジメント業務が終了するだけです」と説明したそうです。

個人事務所の設立があまりにも急だった印象があるので、今後の活動などに関して事務所と意見の食い違いがあったのかもしれません。残るメンバーの移籍先は未定とのこと。こちらはちょっと心配です。

武道館では「会いたかったぜぇえぇえぇえぇえぇえぇ〜」みたいな感じだったんでしょうか。

OMEGA

OMEGA

■関連記事

大友康平 ハウンドドッグ解散否定

「いろいろな噂や憶測が独り歩きして、“7人目のメンバー”であるファンにいろいろ心配や不安を抱かせて誠に恥ずべきこと。オレのとった行動でいろんなことが始まっちゃった」と陳謝した。