「いま会い」ミムラ&成宮寛貴でドラマ化という記事より。

竹内演じた妻澪(みお)をミムラ(20)、獅童演じた夫巧を成宮寛貴(22)が務める。子役は映画と同じ武井証(7)。昨年10月に公開され、興収48億円を記録した純愛ブームの火付け役が、フレッシュコンビでよみがえる。

おっと「いま、会いにゆきます」は大人気ですね。

ベストセラー→ヒット映画→ドラマ化という「柳の下」路線は、すっかり定着し、しかも軒並み成功している。興収10億円を記録した映画「ウォーターボーイズ」(01年)は、03年7月のフジテレビのドラマも最終回視聴率22・8%をマーク。大ベストセラーで映画も興収85億円を超えた「世界の中心で、愛をさけぶ」は、04年7月にTBSで同19・1%を記録した。

しかし最近はドラマが映画になったり映画がドラマになったり忙しいですね。通常はキャストが変わるものだと思うのですが、なんと子役は同じだそうです。実はこの子役、近所の男の子らしいです。どうでもいいんですけど。

ぼくはコミック版いま、会いにゆきますしか見たことないのですが、わりかしお薦めだと思います。

いま、会いにゆきます DVD-BOX 〈初回限定生産〉

いま、会いにゆきます DVD-BOX 〈初回限定生産〉

いま、会いにゆきます

いま、会いにゆきます