こぶ平感涙!襲名に14万5000人という記事より。

21日に九代林家正蔵を襲名する林家こぶ平(42)が13日、東京・上野から浅草まで約7キロを5時間20分かけてパレードし、襲名をPRした。沿道に集まったのは計約14万5000人(主催者発表)。落語家としては極めて異例の大掛かりなイベントとなり、熱い声援に涙を流す場面もあった。

落語は実際に見たこともなければ、きちんと聞いたこともないのですが、なんとなくその世界には憧れがあります。立川キウイ氏という落語家さんとお友達なので、今度寄席にいってみようかしら。

こぶ平が紋付きはかまで乗り込むパレード車には後見として林家木久蔵と、「六人の会」のメンバーである春風亭小朝、笑福亭鶴瓶、春風亭昇太、柳家花緑、さらに弟・林家いっ平が乗り込んだ。

柳家花緑は朝の子供番組で見たりして、知っています。柳家小さんの孫ですよね。

締めは4月11日から披露興行が行われる浅草演芸ホール前。浅草六区最盛期をしのぐ人の数で、こぶ平は「江戸林家の止め名(最後に至る大看板の名跡)を継ぎます!落語家でよかった…、いい落語家になって恩返しします」と語り、5時間20分にも及んだ大イベントをお開きにした。

凄い。5時間以上のイベントでしたか。しかも大いに盛り上がったようで。朝日新聞の一面に襲名パレードをするという広告が出ていたんですよね。いったいどうなるのかと思っていたのですが。テレビで見せる少し弱い姿ではなく、本来は男っぽいんだそうです。もう「こぶへいでちゅう」とか物真似できないんだろうか。

■関連記事

こぶ平嗚咽、正蔵お練りに14万5000人

義兄小朝の「こぶちゃんに代わる新愛称が決定しました。正蔵(しょうぞう)のぞうを取って『ゾウさん』です。皆さんで『ゾウさん』と呼びましょう」とのかけ声に合わせ、2万5000人が「ゾウさん」と大合唱すると、「パオー」と象の雄たけびをして笑いを誘ったが、平常心でいられたのもここまで。後は涙のオンパレードだ。