声優決定「ドラえもん」38歳若返りだそうです。

4月にリニューアルされる人気アニメ「ドラえもん」(テレビ朝日、金曜後7・00)の新声優陣が12日、同局から発表された。国民的キャラクター「ドラえもん」は、四半世紀務めた大山のぶ代(68)から水田わさび(30)にバトンタッチ。主要5キャラクターの新旧声優陣の年齢差は平均で41・2歳。「ジャイアン」は14歳の中学生・木村昴が務めるなど、大胆な“声変わり”となる。

ついに、ドラえもんの新しい声優陣が発表されました!

新キャストは、

ドラえもん=水田わさび(30)
のび太=大原めぐみ(29)
しずか=かかずゆみ(31)
ジャイアン=木村昴(14)
スネ夫=関智一(32)

となっています。なんと、ジャイアンは14歳! この先、50年くらい大丈夫そうです。しかし、ファンのみなさんへで写真を見てもとても14歳には見えません。

新声優陣による放送は4月15日からで、キャラクターの顔も故・藤子・F・不二雄さんの原作により近くなるよう変更されるということで、見た目の部分は古くからの視聴者に優しくなるようです。

ドラえもんの大役を務める水田は、人気アニメ「あたしンち」「忍たま乱太郎」などに出演経験があるものの「決定した時は、何が起こったか分からないような状態でした」とコメント。「その瞬間を思い出せないくらい記憶が飛んでしまっていますが、号泣してしまった」という。

「ドラえもん」は79年4月2日にスタートし、今月25日放送の「ドラえもん・のび太のワンニャン時空伝」で放送回数は1,984回を数えるとのこと。

同局は、親子で語り合える「2世代キャラクター」から、3世代に愛されるキャラクターをめざし、声優の交代を決定。昨年末からオーディションを実施し、応募総数は590人にのぼった。4月の放送に先立ち、新ドラえもんは愛知万博で上映される映像作品に登場するほか、新声優5人は、28日の記者会見でお披露目される。

■関連記事

ファンのみなさんへ

テレビアニメ「ドラえもん」は来る4月、親子で語りあえる“2世代キャラクター”から、さらに“3世代以上に渡って愛されるキャラクター”へと成長していくため、大胆リニューアルを果たします。