「幻のコカ・コーラCM曲」CD化されるそうです。

1962年から89年までのコカ・コーラのCMソングを一堂に集めた豪華CDが3月24日に発売される。CMソング第1号を担当したフォー・コインズから加山雄三(67)、矢沢永吉(55)、早見優(38)、JAY WALKらによる54曲を2枚組CDに収録予定。ほとんどの曲が1度も商品化されたことがなく、時代時代のトップアーティストが彩ったJ—POPの宝物といえるCMソング集だ。

54曲で2枚組というのは、凄い豪華ですね。しかし、コカコーラのCMソングと聞いて、一曲も思い出せないんです。これはいかがなものか。

ザ・ワイルド・ワンズの「楽しい旅に行こう」と、赤い鳥の「The Real Life」の2曲以外はアナログレコードでも商品化されたことはない。また、矢沢の「YES MY LOVE」、早見の「夏色のナンシー」は歌詞などを変えてレコード化されているが、CMバージョンは初リリースとなる。

「夏色のナンシー」は分かるぞ。他にも「佐藤竹善(41)の「I feel Coke’87」は、インターネット上でファンからCD化の要望が殺到」していた楽曲もCD化されるそうです。

企画を実現するため、倉庫に秘蔵されていた段ボール26箱分の6ミリテープ・オリジナル音源が発掘された。製作者側は「CMソングの枠をはるかに超える音楽性の高さは驚異的」と話している。

90年以降はタイアップが主流になっているとのことですが、やっぱり書き下ろしじゃないとダメなんです! とか思いませんか? 覚えていないのにこんなこと言うのもなんですけど。アニメの主題歌もそうですけど、やっぱり書き下ろしがいいな、と思いますね。アニメの主題歌はかなり覚えていると思いますよ。

ひとつ 人より ちからもち〜♩