マツケン45・6%、白組1位!という記事より。

大みそかのゴールデンタイムは、松平健(51)「マツケンサンバ」の独り勝ちだった。昨年12月31日放送分の分刻み視聴率が4日、明らかになり、NHK紅白歌合戦では白組トップの45・6%を記録。直前から約8ポイントも押し上げた。日本レコード大賞(TBS)でも出演歌手で唯一の20%台を記録し、レコ大の10%割れを食い止めるなど、マツケン効果はてきめんだった。

各世代に渡って「マツケン」が見られていたような気がしますね。マツケンは登場前に37.9%だった数字を7.7ポイントも押し上げる大健闘で、出演していた4分間は40%台をキープしていたそうです。ちなみに視聴率トップは大トリ小林幸子の47.1%、2位は天童よしみの46.0%だったとのこと。

TBSで放送された日本レコード大賞でもマツケン効果は抜群だった。韓国歌手Ryuの「霧のレイクルーズ」の17・0%を引き継いで登場した午後6時53分に18・0%でスタートし「オーレ!」のポーズかきまった同59分には、出演歌手の中で唯一の20%超えとなる20・5%を記録した。

どうなんでしょう、「マツケンサンバ」は毎年紅白で歌われていくようになるんでしょうか?

マツケンサンバII 振り付け完全マニュアルDVD

マツケンサンバII 振り付け完全マニュアルDVD