流行語大賞は「チョ〜気持ちいい」

今年の世相、話題を反映した言葉に贈られる「04ユーキャン流行語大賞」(「現代用語の基礎知識」選)が決定し、1日、都内で表彰式が行われた。大賞はアテネ五輪男子百メートル平泳ぎの金メダリスト北島康介の「チョー気持ちいい」。

流行語大賞は「チョ〜気持ちいい」でしたか。北島選手は今年二度目の「チョ〜気持ちいい」でしょうか? 授賞式では「流行語大賞まで取れてチョ〜気持ちいい」とは言っていませんでしたが。とにもかくにも、そんなに流行っていた言葉なんですね。周りで使う人がいなかったのでチョー知りませんでした。

自民党幹事長になった武部勤氏が「サプライズ」で表彰を受け、「こんなに有名な賞をもらえてチョーサプライズ、チョー驚天動地という気持ち」とオヤジギャグを連発して会場にシラケムードを漂わせたそうです。うらやましいな。大人になったら、こういうギャギングの一つもできないといけませんね。しばらく「チョー」をチョー連発しておきますか。チョー楽しそう。

「新規参入していないのにもらっちゃっていいんですかね」と、ライブドアの堀江社長が「新規参入」でチョー受賞していました。「(同じIT企業の)楽天やソフトバンクが選ばれたが、私たちが入ってかき回した方が因縁だらけでおもしろかったと思う」と、チョー因縁だけらけであることもチョー披露していたそうでチョー。

imidas イミダス 2005

imidas イミダス 2005

■関連記事

波田陽区 大賞逃して「残念!」

大賞を「北島康介にとられてチョー気持ち悪い…斬り~!」とうめき、崩れ落ちた波田は「『くさそう』とか思われて全くモテない。クリスマスも年末年始もまた1人。ファンレターは苦情ばかり」と最後まで“負け犬”?残念!!