サップ、曙、武蔵ら新潟被災地慰問 被災者から“逆激励”「大みそか頑張れよ」という記事より。

ボブ・サップ(30)=米国=、曙(35)、武蔵(31)らK―1選手6人が4日、新潟県中越地震で震度6強を記録した小千谷市の被災地を慰問した。義援金200万円を寄付し、炊き出しなどのボランティア活動で避難生活を強いられている人たちを激励。慰問のためにこの日早朝、米国から駆けつけたサップは、被災者らに「大みそか、頑張れよ!」と“逆激励”を受け「新潟、頑張れ」と笑顔で応えた。

 

サップは近況すら聞かなくなっていたのですが、アメリカにいたようですね。「何かをしなくては」とアメリカから駆けつけたそうです。

サップに元気をもらった被災者らから「大みそか、頑張れよ」と、逆に勇気を与えられた。小さな男の子には「誰が一番強いの?」と聞かれ「おれだ!」と即答した。慰問にきたつもりが逆に励まされたサップ。

ジミーちゃんの「お前も頑張れよ」みたいな話ですが、男の子に答えた「(一番強いのは)おれだ!」を実現して欲しいですね。

主婦・高橋良子さん(60)は「ヨン様ほどじゃないけど、ボブも男前ね。久しぶりにトキめいちゃったわよ」と笑顔を見せた。

曙は現役時代の自家製ちゃんこを作ったそうです。