倉本聡15年ぶり連ドラ、フジで来年1月という記事より。

人気ドラマ「北の国から」の脚本家倉本聡(69)の15年ぶり連続ドラマとなるフジテレビ「優しい時間」(木曜午後10時)が来年1月13日から放送される。舞台は今度も北海道富良野市。コーヒー店主の元エリート商社員、息子と、2人を見守る亡き妻を通して、父と子のきずなの再生を描く。

主演は寺尾聡、息子役に二宮和也、亡き妻役に大竹しのぶだそうです。スローペースの味のあるドラマが予感されます。ちょっと見てみたい。木曜22時というのは、なんだかアダルトな雰囲気。音楽も重要な要素になると思いますが、誰が担当するんでしょう?

それにしても、とことん富良野にこだわるんですね。

■関連記事

舞台は富良野 倉本聰氏の新ドラマ

 若松央樹プロデューサーによると「“北の国から”終了直後から倉本氏が構想していた作品。倉本氏もかなり気合が入っていて、台本が全11話すべて仕上がっています」と力の入った作品。「北の国から」同様に富良野の自然も見どころとなる。