杉田かおる涙の100キロ完走!です。

今年で27回目を迎えた日本テレビ「24時間テレビ・愛は地球を救う」で、恒例の100キロマラソンに挑戦した女優・杉田かおる(39)が22日午後9時20分に東京・北の丸の日本武道館に無事ゴールした。タイムは25時間15分。

“無頼派女優”杉田かおるが、24時間テレビの100kmマラソンを完走しました。最後1~2kmをチラリと見ましたが、表情も苦しそうなものではなく、淡々と走る姿が印象的でした。

この日のために禁酒していた杉田は「夢の中にいるみたい。今はビールが飲みたいです」と感激で顔をクシャクシャ。

うまいビールが飲めたでしょうか。

■関連記事

杉田かおる、24時間テレビ100キロ完走

「酒と男を断って、全国の負け犬女性の代表として走る」。そう決意表明して挑んだが、道のりは平たんではなかった。両ひざ、両足首の痛みと戦った。気温も36度に達した。だが心強い援軍に支えられた。暑さがピークとなった午後からは妹でマネジャーの直子さんが並走してくれた。「妹とならどこで何をしていても楽しい」。不思議なパワーに背中を押され続けた。