スポンサードリンク

ビールとワイン、先に呑むと二日酔いになりやすいのはどっち?調査結果が発表される

スポンサードリンク

ビールとワイン、先に呑むと二日酔いになりやすいのはどっち?調査結果が発表される

先に呑むと二日酔いになりやすいのはどっちなのか‥‥という、実にどうでも良いといえばどうでも良い、そんな調査の結果が発表されています。ビールとワイン 先に飲むと深酔いするのはどっちという記事になっていました。

英国などの研究チームが8日までに学術誌に発表した調査結果によると、どの順序でも飲み過ぎれば同じように二日酔いになるようだ。英メディアが伝えた。

スポンサードリンク

何をどう呑むかは関係ない

結論:順番は関係ない

そらそうですよね。濃度が違うとはいえ、全てアルコールを摂取しているわけですから。呑みすぎれば二日酔いになるのは必然。うん、分かってるさ。

ちなみに19~40歳の90人を対象にした、こんな実験だったそうです。

1. 約1・4リットルのビールの後にグラス4杯の白ワインを飲むグループ

2. ビールとワインを飲む順番を替えたグループ

3. ビールかワインのどちらかだけを呼気中のアルコール濃度が同じ程度になるまで呑む

どんな呑み方をしたところで、アルコール濃度が同じなら、同じように二日酔いしますよ、と。

「二日酔いのひどさを自分で制御するには、どれだけ酔いや吐き気を感じるかを確かめながら飲むしかない」ともあります。

分かってる、分かってるんだ。だけど酔っ払うとコントロールが難しくなるんだなぁ(自己責任)。

二日酔いになりやすいのはチャンポン?

複数種類のアルコールドリンクを呑む、いわゆる“チャンポン”という呑み方がありますが、それをすると二日酔いになりやすいと言われますよね。

どうして二日酔いしやすいのか。まさにビールが先か、ワインが先か、みたいな話ですが、個人的に20ウン年の飲酒経験で気づいたことがあります。

“チャンポン”すると深酒しやすいのは、ペースとアルコール度数が関係しているのではないか、と。

ペースが大事

例えば、ビールで乾杯をして、そのまま日本酒を呑み続けたとします。日本酒はアルコール度数が高いから、ゆっくりしたペースで呑み続けますよね。なんならチェイサーだって呑みます。

一定のペースで気をつけながらだと、日本酒飲み放題のような店にいっても、実はそんなに二日酔いにならなかったりするのです。

ビールを呑んでいても、ずっとビールならそんなに二日酔いはしません。ビールはアルコール度数が低めというのもありますからね。

“チャンポン”するとデンジャラスが増す

危険なのが、程よく酔ったところでドリンクの種類を変える場合です。

ビールをペースよく呑んでいて、そのノリでワインや日本酒に移行すると‥‥あら不思議、ビールと同じようにゴクゴク呑んでしまうんですね。アルコール度数が高いのに!

そうすると、二日酔いコースなのは火を見るより明らかです。

呑み過ぎたらとにかく二日酔い

とにかく何でも呑み過ぎたら二日酔いになるのは間違いないので、あとはいかに呑みすぎないか、をケアする必要があります。

そういう意味では、あれこれドリンクの種類を変えていくのは得策ではないな、と個人的には思っており、なおかつ気をつけるようにしています。

さらに最近↓を教えて貰って試しています。けっこう効く気がします。

最終更新日:

スポンサードリンク

スポンサードリンク

前へ

【楽天ペイ】「ホテルモントレ」グループ全20ホテルで宿泊・レストラン・スパで導入

次へ

けやき坂46(通称ひながなけやき)→「日向坂46」に改名