PAKUIMGL9453 TP V

Comscoreがアメリカの18~34歳に「暮らしに欠かせないアプリは?」というモバイルアプリの動向調査した結果を発表しました。米国人が「最も利用するアプリ」ベスト10 ツイッターは圏外にという記事になっていました。

回答者の35%がアマゾンと回答した。2位がGmailで30%、3位はフェイスブックで29%だった。

1位はAmazon!

これはちょっと想定外というか、別にモバイルアプリでなくてもいいんではないかと思ったのですが「利用時間の比率ではモバイルが66%、デスクトップが23%」という調査結果も出ていて、もうスマートフォンばっかり使っているということなのでしょう。

2位のGmailに関しても、自分の中ではメールのプライオリティは超下がっており、むしろ10位くらいでもいいのですが、アメリカのアラトゥー、アラサーのあたりでは重要なアプリとなっているようです。

3位はFacebookですが、Facebook陣営としての数字はさらにスゴイことになるようです。

メッセンジャーは18%、WhatsAppは11%、さらにインスタグラムは11%の支持を集めた。フェイスブック傘下のアプリは合計で69%の支持

かつてはGoogleの手のひらで踊らされている感じありましたが、今のアメリカのアラトゥー、アラサーは完全にFacebookの手のひらの上で踊っている、と。そんなにFacebook本体の人気が高いとは思いませんでしたが。

実際の順位はこんな感じです。

1. アマゾン(35%)
2. Gmail(30%)
3. フェイスブック(29%)
4. メッセンジャー(18%)
5. ユーチューブ(16%)
6. グーグルマップ(14%)
7. グーグル検索(11%)
8. アップルアップストア(11%)
9. WhatsApp(11%)
10. インスタグラム(11%)

日本だとどうなんだろうと思うのですが、トップ10から完全に圏外になってしまっているTwitterが上位にきて、Facebookがもっと下位なのかな、と想像します。Instagramが10位なのですが、これも日本ならもう少し上位に違いないでしょう。

アメリカなのでやはり圏外ですが、日本だと1位はLINEかもしれません。そしてAmazonの代わりにメルカリだろうなぁ。