Google chrome 0903

ウェブブラウザーの世界シェアで、ついに「Google Chrome」がInternet Explorerを抜いて1位になったそうです。グーグル「クローム」首位=閲覧ソフト、「IE」抜くという記事になっていました。

米調査会社ネット・アプリケーションズが2日までに公表した統計によると、パソコン用インターネット閲覧ソフト(ブラウザー)市場の世界シェアで、今年4月に米グーグルの「クローム」が、米マイクロソフト(MS)の「インターネット・エクスプローラー(IE)」を抜き、初めて首位となった。

時代は変わるというか、あれほどの隆盛を誇ったInternet Explorerを「Google Chrome」が抜き去りました。他にもSafariやFirefoxがありますが、今はやはり「Google Chrome」ということなのでしょう。

「クローム」のシェアは41.7%で、IEの41.4%を逆転した。MSが最新基本ソフト(OS)「ウィンドウズ10」に標準搭載した新ブラウザー「エッジ」のシェアはIEに含まれる。

今はわずかですが、恐らくこのまま差は開いていくのではないかと思います。

ぼくもここ数年はずっと「Google Chrome」です。こういう製品は、なんだかかんだ言ってシェアが大きいものを使っておくのが安心です。機能拡張なども増えますしね。

こういうニュースを聞くと、Netscape Navigatorとか懐かしくなります。