4844332309

Facebookの利用率は24.5%、1年で3倍に増加、2ちゃんねるを超える -INTERNET Watchという記事がありました。「インターネット白書2012」によるものです。

この調査は、自宅からインターネットを利用している13歳以上の個人(gooリサーチのアンケートパネルから抽出)を対象に5月17日から22日までウェブアンケートで実施したもの。

昨年から大幅に利用が増えたのは、

・「動画共有」(44.1%から58.2%へ)
・「SNS」(32.1%から45.6%へ)
・「マイクロブログ」(16.2%から27.1%へ)

だそうです。ここからも、YouTube、Facebook、ツイッターあたりが伸びていそうだな、という感じがしますね。

一方で、このあたりが減っています。

逆に昨年は12.7%を占めていた「検索」が10.3%に減少。「ブログ」も4.3%から2.8%に減少しているのがやや目立つ。

検索しなくなっている! ブログも書かなくなっている!

ブログへの誘導をどうするかとか、いろいろと考えなくてはいけないですね。検索も大事ですけど、ソーシャルメディアも欠かせない導線になっています。

SNSやマイクロブログのほか、"広義のソーシャルメディア"として挙げられた各種サービスのうち、利用しているサービス(複数回答)として最も多かったのは「YouTube」で56.4%。昨年の43.9%からさらに増加し、日本のインターネットユーザーの半数が利用するサービスになった。

凄いです、YouTube。続くのが「Yahoo!知恵袋」(38.6%)、「ウィキペディア」(35.8%)ですが、YouTubeが圧倒的ですね。

「ニコニコ動画」(26.8%)、「Twitter」(26.3%)、「mxi」(26.1%)、「Facebook」(24.5%)、「クックパッド」(21.5%)、「2ちゃんねる」(20.9%)

ここで、Facebookの利用率が2ちゃんねるを超えたことが分かります。なんと昨年の8.3%から3倍増だそうです。

ツイッターもまだまだ陰りを見せずに、15.5%から26.3%と大幅に増えています。

今回の利用動向調査ではこのほか、mixiやFacebook、Mobage、GREEなど「SNS」全体の利用率が昨年の32.1%から45.6%へと上昇した一方で、SNS上で利用する"ソーシャルアプリ"の利用率が40.1%から19.6%へと大幅に低下したことが分かった。

ここはちょっと興味深いですが、なんでそんなに低下しているのでしょうね。

インターネット白書2012 モバイルとソーシャルメディアが創る新経済圏

4844332309