スポンサードリンク

ウェブブラウザにおける「Safari」のシェアが8%に

スポンサードリンク

2011 08 03 1706

Appleの提供するウェブブラウザ「Safari」のシェアが8%になったというニュースがありました。

スポンサードリンク

AppleInsider | Apple's Safari grows to 8% browser share, WebKit now second only to Microsoft IEという記事です。NetMarketShareのデータとして紹介されています。

Apple's Safari browser has now exceeded an 8 percent share of web browser use across all devices, powered by strong growth in iPhone and iPad sales.

iPhone/iPadのセールスによっても後押しされているようですね。

過去2年間で次のようにシェアが変わっているそうです。

・IE 67% → 52.8%
・Fx 23% → 21.48%
・Ch 2.84% → 13.45%
・Sf 4.07% → 8.05%

IEのシェアも、いつの間にか5割強にまで落ち込んでいたのですね。代わりにGoogle Chromeが伸びているのが分かります。

SafariとGoogle Chromeで使用されている「WebKit」陣営として考えると、合計して21.5%となり、Firefoxを抜くことになります。

さらに2年後は、どんなブラウザシェアになっているでしょうね。

スポンサードリンク

前へ

「Mac OS X Lion」“このMacについて”からディスク使用状況の表示が可能に

次へ

ビッグ・トゥモロウ「ビジネスマンのためのデジタルフル活用法」Vol.9