2011-02-24_0842.png

2010年の日本の広告費、前年比 1.3%減、テレビは1.1%増、インターネットは9.6%増と電通から発表されています。

2010年の日本の総広告費は5兆8,427億円、前年比98.7%であった。総広告費は、2004年に日本経済の景気回復基調とデジタル家電やインターネットの普及を背景に増加傾向となり、2005年(前年比102.9%)、2006年(前年比101.7%)、2007年(前年比101.1%)と増加を続けた。

2008年のアメリカの金融危機から減少に転じているものの、2010年は前年比のマイナス幅は大幅に減少したそうです(1.3%減)。

媒体別の前年比は以下の通りです。

テレビ広告費 101.1%
新聞広告費 94.9%
雑誌広告費 90.1%
ラジオ広告費 94.8%
インターネット広告費 109.6%

■関連記事

イギリスでインターネット広告費がテレビ広告費を抜く
「2009年日本の広告費」ネット広告が新聞広告を抜く
2005年の日本のインターネット総広告費は2808億円
電通「2008年(平成20年)日本の広告費」を発表