スポンサードリンク

日本の検索サービス利用者数、1位はYahoo! 、2位はGoogle、その差は?

スポンサードリンク

日本の検索サービス利用者数、Yahoo!が4223万人で1位、Googleは2923万人という記事より。

MegaView Searchの2010年4月度月間利用動向データによると、日本の14の主要検索サービスの利用者総数は5205万人で、1カ月間の総クエリー数は44億5215万回。

スポンサードリンク

ネットレイティングスが発表した「MegaView Search」の2010年4月度月間利用動向データの概要によると、検索利用者数の順位は次のようになっているそうです。

1位 Yahoo! 4230万人
2位 Google 2923万人
3位 MSN/Windows Live/Bing 714万人
4位 goo 686万人
5位 JWord 425万人

思っていたよりもYahoo! とGoogleが近いと思ったのですが、みなさんの感想はいかがでしょうか。

クエリー数のランキングでも、1位がYahoo!の23億6903万回で、2位がGoogleの16億6036万回となっている。

こちらもけっこう近いですかね。

Googleはページデザインを変更したり、テレビCMを行ったり、様々なキャンペーンを積極的に行っていますが、その効果が徐々に出てきているということでしょうか。

スポンサードリンク

前へ

「ソフィア」松岡充、映画で「仮面ライダー エターナル」に変身

次へ

iPhone用無料ブラウザゲーム「フリックバスケットボール」「バブリーチューン」「アニマルパーク」