ネット広告費が新聞を抜く--電通「2009年日本の広告費」を発表という記事より。

電通は2月22日、2009年の日本の総広告費と媒体別、業種別広告費を推定した統計「2009年(平成21年)日本の広告費」(PDF)を発表した。2009年の日本の総広告費は5兆9222億円、前年比11.5%減だった。

電通が「2009年日本の広告費」を発表しています。それによると、総広告費は2年連続で前年実績を下回ったということです。

媒体別では「新聞広告費」(前年比81.4%)「テレビ広告費」(同89.8%)「ラジオ広告費(同88.4%)」「雑誌広告費(同74.4%)」とマスコミ四媒体が揃って減少しています。

一方「インターネット広告費」は101.2%で、前年を上回っています。金額でも7069億円となり、新聞の6739億円を上回りました。

雑誌は3034億円、ラジオは1370億円です。

■関連エントリー

イギリスでインターネット広告費がテレビ広告費を抜く
2007年のネット広告費、雑誌広告を上回る
2011年のネット広告費は2006年の2倍超に
イギリスでネット広告費と新聞広告費の差が縮まる
2005年の日本のインターネット総広告費は2808億円
電通「2008年(平成20年)日本の広告費」を発表
ネット広告が雑誌広告に追いつく?