インターネットの利用時間、20代男性でテレビを抜く--博報堂DYメディア調査という記事より。

博報堂DYメディアパートナーズの調査から、東京都内に住む20代男性では、PCインターネットの利用時間がテレビ視聴時間を抜いたことが明らかになった。

博報堂DYメディアパートナーズ メディア環境研究所がが公表した「メディア定点調査2009」というレポートにより、20代男性のメディア接触状況において、インターネットがテレビを抜いたことが明らかになりました。

時間にすると110.9分と116.1分とわずかですが、インターネットがテレビを抜いたのは初めてのことだそうです。

携帯電話でのインターネット利用にもなかなか面白い結果が出ています。

女性10代の携帯電話からのインターネット利用が98.4分であるのに対し、女性20代では26.2分と、携帯電話の利用時間は10代とそれ以上の世代で大きく異なる。

携帯電話からのインターネット利用は、10代女子が突出してますね。ちなみに10代男子49.0分で半分なのです。

新聞は、男子10代で8.1分、女子10代で7.4分です。テレビ欄を見ているくらいでしょうかね。