グーグル、11月米国検索シェアを拡大--comScore調査という記事より。

Googleは2008年11月、米国においてライバル検索エンジン比べて多くのマーケットシェアを獲得した、とcomScoreは新たに数字を発表して明らかにした。

Yahoo! やMicrosoftがシェアを減少させる中、引き続きGoogleはシェア拡大を続けているというニュースです。アメリカのお話。

記事によれば、Googleは10月から11月にかけて0.4%増加して63.5%に、一方のYahoo! は0.1%減で20.4%、Microsoftは0.2%減で8.3%となったそうです。

とはいえ、米国における全体の検索件数は3%減少し、123億件となった。そのため、たとえGoogleがシェアを伸ばしても、Googleの検索件数は絶対的に減少している。

SNSなどを見る人が増えたので検索回数が減っている、なんていうニュースもありましたね。検索キーワード広告にとっては検索回数がとても重要です。

■関連エントリー

アメリカで検索エンジンの利用が減り始める?
「2ちゃんねる」は高齢化「ニコ動」は低年齢化
SNSへのアクセス「減った」が4割
新聞を読まない理由「テレビやネットがあるから」