米Googleと米Apple、ユーザー満足度調査で他社を圧倒という記事より。

米ミシガン大学は19日、American Customer Satisfaction Index(ACSI、米国顧客満足度指数)第2四半期報告書を公表した。この調査でEビジネス部門を担当した調査会社のForeSeeが、同部門の調査結果について発表した。

ポータルとサーチエンジン部門ではGoogleが86点で首位に立ち、2位のYahoo! の77点を大きく引き離しています。

パーソナルコンピュータ部門では、Appleが85点を獲得して首位に。

全部門中でも、GoogleとAppleはユーザ満足度で強さを見せているそうです。

財布の紐が固く、ガソリン価格が1ガロン4ドルにもなる時代には、消費者はお金を必要とせず、車に入れる必要もないサービスに対してより大きな満足度を与えるものだ

調査を担当した人のコメントです。