ブログ市場規模は46億3000万円、今後の課題はスパムブログの排除という記事より。

それによると、国内のブログ開設総数は2008年3月末現在で1985万件、市場規模は2007年度で46億3000万円だった。

矢野経済研究所が調査した「ブログサービス市場の動向に関する調査結果 2008」が公表されています。

主要19サービスにおける開設数から推計したブログ開設総数は、2008年3月末現在で1,985万件となっています。約2,000万件ですね。

ただし、誰しもが気になるところですが、

「スパムブログが相当数に含まれるとみられる。また、休眠状態のブログも多い」

ということです。本当にスパムをどうするかというのは難しい問題ですね。最近は手口も巧妙になってきていて、パッと見て判断するのが難しいものもあります。

ブログサービス市場規模については、調査対象とした企業のブログサービス売上高の合計から算出した。

2005年度 11億円
2006年度 27億4,000万円
2007年度 46億3,000万円

順調に拡大していることが分かります。

「記事数やPV数、ユニークユーザー数などの増加に伴う広告単価の上昇という面もあるが、2006年度から2007年度にかけて、多くの事業者で多彩な広告が採用され、また広告の掲載場所・方法などに工夫が凝らされたことが市場規模拡大の主要因」

そういえば、AMNでも新しい広告「ソーシャルバナーパッケージ」を発表していました。

■関連エントリー

アフィリエイト市場規模は697億円(2007年度)
2005年3月末のブログ利用者は約335万人
アフィリエイト市場、2005年度は1.8倍に
オタク市場は4,000億円
SNS市場、2009年には554億円に
SEO国内市場、2010年に113億円
2005年のメディアコンテンツ市場は13兆6811億円