理想の年収は600万円…産能大の新入社員調査 という記事より。

ことしの新入社員を対象にした「会社生活調査」によると、35歳時点の理想の年収は、これまで6年連続でトップだった「1000万円以上」が21.3%で3位に転落、「600万円」が25.0%で1位になった。

産業能率大学が発表した、今年の新入社員(研修セミナーを受けた740人)を対象とした「会社生活調査」の調査結果です。

それによると、35歳時点の理想の年収は「600万円」で25.0%で1位になったということです。

これまで6年連続で1位だった「1,000万円以上」は、21.3%で3位になっています。ちなみに2位は「700万円」で21.8%です。

希望は年収1,000万円くらいあると良いとは思っても、昨今の事情を考慮すると現実的なところが落としどころになっているのでしょうか。

景気の先行きに対する不安が強まる中、新入社員は例年以上に「将来は厳しい」と予想し、控えめな回答につながったようだ。

いろいろなものは値上がりするし、ニュースを見ていてもあまりハッピーな感じはしないですよね、確かに‥‥。

今後の自分の給料がどうなるかについては「毎年確実に上昇する」が32.6%。「下がることはないが確実に上昇するとは限らない」が58.4%、「場合によっては下がる」は9.0%だった。

こちらも現実的に。