欧州でのFirefoxシェアは28.0%、半数に迫る国もという記事より。

仏AT Internetが行なっているインターネット関連調査「XiTi Monitor.com」は29日、主に欧州地域におけるFirefoxのブラウザシェアに関する調査結果を発表した。2007年12月における欧州地域のFirefoxシェアは28.0%で、1年前に比べて4.9ポイント増加した。

なんと、ヨーロッパでは「Firefox」のシェアが28.0%にも達しているのだそうです。ただし、ヨーロッパ内でもシェアには広がりがあります。

記事によれば、

・フィンランド 45.4%
・スロベニア、ポーランド、スロバキア、ハンガリー 40%以上

と半数近いシェアを獲得している国もあれば、

・オランダ 14.7%
・英国 17.2%
・デンマーク 17.9%

など、それほどでない国もあります。

ちなみに日本を含むアジア地域は16.5%で、世界で最も低いシェアとなっています。

Firefox利用者のうち、Firefox 2の利用者は93%に上ったのに対して、IE利用者の中でIE7は46%に過ぎなかった。

このあたりの数字もポイントですね。

■関連記事

Firefoxのシェア、欧州で28%に

世界の各地域では、オセアニア地域でFirefoxのシェアが最も高く、31.1%に上った。以下欧州(28%)、北米(21%)、南米(20.2%)、アフリカ(16.6%)、アジア(16.5%)と続く。