「毎日.jp」と「MSN 産経ニュース」、ともに利用者が大幅増という記事より。

新しいニュースサイトとして開始され毎日新聞の「毎日jp」と、MSNと産経新聞が共同で提供する「MSN 産経ニュース」が、いずれも前身となる旧ニュースサイトを大きく上回る利用者を集めたことが明らかになった。

「MSN毎日インタラクティブ」が分かれ、

・MSN産経ニュース
・毎日jp

となったのですが、いずれも旧サイトを上回るアクセスを集めたのだそうです。

9月の「MSN毎日インタラクティブ」の利用者404万人
10月の「毎日jp」の利用者472万人

9月の「Sankei Web」の利用者169万人
10月の「MSN産経ニュース」の利用者 414万人

「9月の『MSN 毎日インタラクティブ』は半数以上が『MSN Japan』からの利用だったため、提携解消により利用者の減少も予想した」という分析もあるのですが、ポータルサイトからの流入というのは本当に大きいのですね。

そこを「毎日jp」ではYahoo! ニュースからの誘導を強化することで、カバーしたそうです。一方で産経は、MSNからの誘導を得ることで、倍以上の伸びを示したということですね。

このポータルからの誘導のパワーというのは、自分でもしみじみと感じているところです。

AMN経由で「livedoorニュース」へ記事配信がスタートしたのですが、このままのペースでいけば月間150万PVくらいになりそうです。あくまでもペースが続けば、ですけどね。

■関連記事

「毎日jp」と「MSN産経ニュース」の利用者数が大幅に増加--10月のネット利用動向調査

読売新聞の「Yomiuri Online」や朝日新聞「asahi.com」、日本経済新聞の「NIKKEI NET」は微減または横ばいにとどまっている。