牛肉は週500グラムまで?太り過ぎで「がん」の危険高まるという記事より。

世界がん研究基金(ロンドン)は1日、太り過ぎが少なくとも6種類のがんを引き起こす危険性があるとする調査結果を発表した。

1960年代以降の7,000件の研究結果を分析したものだそうで、太り過ぎと食道がん、膵臓がん、腎臓がんなどの間には明確な関連があると結論づけられたのだとか。

太り過ぎが「がん」に繋がるのか、「がん」になるような食生活をしている人が太りやすいのか。体格指数「BMI」は25未満が望ましいそうです。

ベーコンなどの加工肉は腸がんの危険性が高まる、牛肉は週に500g以内にすべき、過度のアルコールも勧めないなど、ようするにtoo muchは良くないということですね。

ファストフードや甘い飲料も、もちろん勧められていません。

この調査報告書に対し英大学の専門家は同紙に「適量の赤肉やベーコンなどは人体に害はない」と指摘、極端な食事制限などはすべきではないとコメントした。

なにごとも、ほどほどに。

■関連記事

太り過ぎでがん危険高まる…英研究機関が発表

報告書は、わずかな体重超過でもがんの危険性が高まると警告。