中高生の半数以上が「ケータイに振り回されてる感じ」という記事より。

同調査によれば、中高生が1日に携帯電話を利用する時間は、5時間以上が最多で25%。これに、2時間までが23%、3時間までが17%で続いた。

何に使っているのかな、と思うのですが、やっぱりメールがメインなんでしょうかね。

「よくそんなに使うなー」と思ったんですけど、考えてみたら高校生くらいの頃は一晩中、話すこともそんなにないはずなのに友だちと電話していたことを思い出しました。

ケータイを持って友だち関係がどう変わったかについては、「つながりの浅い友だちが増えた」と考えている中高生が42%に達している。

これに関しては顔色が見えないですから、付き合いでメールしている、なんていうケースも多いのかもしれませんね。ぼくはいつも真剣勝負ですけど。

友だちからメールが来た場合には「即答」するのがマナーだという回答が37%で最も多かったということなのですが、これは無理だ。

一晩くらい寝かせて熟成した頃合いを見計らい、じっくりと返信するというのが大人のたしなみですね。

ココロをつかむケータイメール―愛される50の法則

ココロをつかむケータイメール―愛される50の法則