国内ネット広告、11年に7500億円に 5年で倍増・電通総研が試算という記事より。

電通総研は4月16日、2011年までのインターネット広告費を試算した結果を発表した。2011年には全体で7558億円に達すると予測し、06年の実績から2倍以上に拡大する見通しだ。

ちなみに今年は2007年ですよ。

ということで‥‥

2006年 3,630億円
2007年 4,534億円
2008年 5,434億円
2009年 6,204億円
2010年 6,898億円
2011年 7,558億円

と成長していくことが予想されるネット広告です。

2006年から5年で2倍超も成長してしまうそうです。けっこう伸びてきていると思うのですが、まだまだ伸びしろがあるということなのですね。

ちなみに成長率が大きいのは、やはりモバイル広告のようです。2006年の390億円から、2011年には1,284億円と3.3倍に伸びると予想されています。

検索連動広告も伸びていますが、この分野は参入障壁もそれほど高くなさそうですし、なかなか状況としては難しくなっていくのかもしれませんね。

ということで、いろいろな企業がどういう分野に進出していくのか、そしてどの分野が伸びていくのか楽しみなところです。今までなかったような領域が登場するかもしれませんしね。

■関連記事

2011年のネット広告費は7500億円を超える--電通総研が試算

なかでもコンテンツマッチ広告は2007年に複数企業によるサービス展開が見込まれ、成功事例も多く登場すると電通総研は見ている。