追いつき追い越す?ネット広告費雑誌猛追という記事より。

電通が20日発表した「2006年の日本の広告費」によると、景気回復やトリノ五輪、サッカーW杯効果などから、総広告費(推定)は前年比0・6%増の5兆9954億円と3年連続で増加した。

このうちネット広告は3,630億円(29.3%増)で、雑誌広告の3,887億円にかなり肉薄しています。電通では2007年にネット広告が雑誌広告を上回ると予想しています。

ラジオ広告を抜いたのが2004年で、ついにネット広告がテレビ、新聞に次ぐ広告になる可能性が出てきました。

一方、新聞、テレビなどマスコミ向け広告費は2年連続で減少。新聞広告は87年以来19年ぶりに1兆円を下回った。

逆に新聞、テレビは減らしているのですね。

ネット広告費の内訳では、携帯電話向けのモバイル広告が35・4%増の390億円。検索サイトの検索結果に連動した検索連動広告は57・6%増の930億円と急増。

確かにモバイル広告と検索連動広告は伸びている気がします。モバイル広告は普段、携帯電話を使わないので見えていないところもあるのですが、しばらくは引き続き成長していくのでしょうね。