中国のネット人口は1億3,700万人に。普及率は10%を突破という記事より。

2006年末時点のインターネットユーザー数は1億3,700万人(誤差5%以内)で、半年前に行なった前回調査より1,500万人増加した。 中国の人口比では10.5%で、初めて10%以上を記録した。

1億3,700万人というネット人口は中国の人口比では10.5%なのですが、日本でほとんどの人がネットをやっていると考えるとすごいことですね。数が多いのはパワーなんだなって、しみじみと思います。

ブロードバンドというとほとんどADSLらしいのですが、それでも‥‥

利用している回線種別(重複あり)は、ブロードバンドが9,070万人と半年前の前回調査に比べ1,370万人、と前回に引き続き大きく数字を伸ばし、昨年の同時期と比べると実に2,640万人も増加した。

この数もすごいことですね。市場としては大変なものだなぁ。

人口比で半数以上を占める「農民」は0.4%とごくわずかで、利用の多い職業は「学生」(32.3%)と「会社員」(29.7%)ということです。

そして使い道が「オンラインショッピング」(13.3%)「オンラインチケット予約」(8.6%)「ブログ」(25.3%)とか、やっぱり市場としては大変なものですね。