結婚披露宴22%も食べ残しという記事より。

農水省が25日発表した「外食産業での食べ残し調査」によると、食べ残された量の割合は結婚披露宴の料理が22・5%と最も多く、宴会が15・2%と続いた。

結婚披露宴というのは、どうしても旧知の友人とトークしたり、どこぞの誰かに挨拶したりと、なかなか食べることに集中できない環境ではあると思います。

その反面、コースなどでしっかりと料理が出てくるので、どうしても食べ残しということになってしまうのでしょうね。もったいないですけど。ぼくはしっかり食べますけど。

ちなみに「結婚披露宴では、牛肉や魚介類の焼き物、にぎりずしなどの食べ残しが多かった」ということです。

一方、一般の食堂やレストランでは食べ残しは3.1%ということで、こちらは適量をうかがわせます。残されるのは漬け物やサラダなどの野菜類が多いということです。