YouTubeとWikipedia、2006年のトレンドを代表 - ネットレイティングスという記事より。

企業別集計(プロパティ別集計)では、Googleが前月から利用者数を279万人増加させ、ランキングを8位から6位に上げた。

ネットレイティングスが発表した、2006年11月度のインターネット利用動向の調査結果です。GoogleはYouTubeの買収で利用者数が加速したということです。

そう、買収したからYouTubeがGoogleの一部なんですよね。とっても不思議な感じですが。

同社では2006年を振り返って「Web2.0の躍進の一年」と総括し、その代表的なサイトとしてYouTubeとWikipediaを挙げている。

これは実感としておりますね。YouTubeもWikipediaは本当によく利用しました。YouTubeもWikipediaも自分のブログに引用できるという点が共通項で、それが本当に便利でした。

■関連記事

YouTubeの統合でGoogleのランキングが上昇、ネットレイティングス調査

萩原雅之氏は、「2006年のネットトレンドはまさに『Web 2.0』一色。インターネット利用動向データでも、Web 2.0を代表するGoogleやYouTube、Wikipediaなどが大きく利用者数を伸ばした」と分析。

「Web2.0」サイトが急成長した1年

Wikipediaの利用者が11月時点で1296万人と前年同期から倍増。YouTubeも継続して利用者数を伸ばしており、同社を買収したGoogleは11月調査で利用者数を2152万人に伸ばし、企業別で前月から2ランクアップして6位になった。