au、MNPを使った転入ユーザーが10万人突破という記事より。

同社が発表した速報ベースの数値では、auに乗り換えた転入ユーザーの数は29日時点で10万1,200件、逆にauから他社へ乗換えた転出ユーザーは20,600件となっている。

差し引き8万増ですね。事前の予想でもauの一人勝ちが言われていましたが、それを証明する形になったデータです。

他社のデータも気になりますが、増えていないとなかなか公表しにくいですよね。

ドコモとしては「全体的にはドコモに乗り換える転入よりも転出が多い状況。ただし、ソフトバンクとドコモに限っていえば、ドコモからソフトバンクへの転出よりも、ソフトバンクからMNPを利用してドコモへ転入してくるユーザーの方が多い状況だ」とコメントしています。

もし自分がソフトバンクを使い続けていたならば、恐らくauに変更したんじゃないかなぁ、と思います。

J-Phone時代、写メールに魅力を感じてDDIポケットから移りましたが、その後のボーダフォン時代というのは、ぼくにとっては微妙な感じでした。それで再びウィルコムに戻った訳なのですが。

■関連記事

KDDI、MNP利用のau携帯電話契約者が10万件を突破

NTTドコモ広報は「転出件数は想定の範囲内」、ソフトバンクモバイル広報は「正確な利用件数が把握できていない」とコメントしている。