YouTubeの利用者、米で急減 日本でも横ばいにという記事より。

ネットレイティングスが10月23日に発表した9月のネット利用者動向によると、動画共有サイト「YouTube」の利用者数が、前月と比べて米国で初めて減少し、日本でも横ばいとなっている。

ネットレイティングスの調査によると、YouTubeの利用者数が、アメリカでは急激に減少、日本でも横ばいの状態になっているこがと分かったそうです。

利用者数(家庭からのアクセス)は、米国で1895万5000人と、8月(2298万9000人)より18%減、日本で734万3000人と、8月(731万9000人)からほぼ横ばいだった。

もしやこれで頭打ち?

でも、大量の動画が削除されたり、全体の利用者数や知名度のことを考えると、確かにこのくらいで頭打ちなのかな、という気もしないでもないですね。

「日本のGoogleの利用者数が前年同月より約500万人増の1738万人」というのもちょっと驚きました。1,200万人から1,700万人ですからね。