音楽売上の1割強が“デジタル音楽”に、日本では携帯電話市場が活発という記事より。

それによると、2006年上半期のデジタル音楽売上は9億4,500万ドルで、前年同期と比べて106%増加した。また、音楽売上全体に占める割合は11%で、2005年12月調査時点に比べて5.5ポイント増加していた。

伸びてますね、音楽ダウンロードが。韓国では「デジタル音楽の売上が51%を占めるまでになっている」ということで、まだまだ伸びることは予感させられます。

しかし、iTSが牽引しているかというと決してそういうことではなく、

デジタル音楽市場の内訳を見てみると、日本、イタリア、スペインでは携帯電話によるサービスが大きな割合を占めている。日本では85%、イタリアでは76%、スペインでは78%だった。

というように、携帯電話による有料ダウンロードが非常に多いようです。

日本を含むいくつかの市場ではCDなどの売上は増加していたそうで、12%も増加したらしいですよ。ダウンロード販売の影響は受けていないのでしょうか。