Firefoxのシェア後退という記事より。

MicrosoftのInternet Explorer(IE)は7月以来シェアを2.8ポイント伸ばして85.85%とし、世界市場で首位を維持した。

IEがシェアを伸ばしたのに伴い、それ以外のブラウザがシェアを減らしています。

2位はMozilla FoundationのFirefoxで、シェアは1.44ポイント減の11.49%、Apple ComputerのSafariは0.23%ポイント減の1.61%だった。

IE 7がリリースされると、この勢力図はどのように変わるのでしょうね。それ以外にも、ムニャムニャモゴモゴという噂も耳にしたので、ちょっとブラウザ市場は面白くなるかもしれません。