CGM利用者は他人の購買行動に強く影響を与えている〜CGM市場動向分析という記事より。

個人ユーザーの49.4%がCGMを利用しているほか、CGM利用者の27.3%は他人の購買行動に強く影響を与えていることがわかった。

どういうターゲットがアンケートに回答しているかというと「自宅からインターネットを利用する13歳以上の男女」だそうです。

ウェブでのアンケート調査ですから、それなりにバイアスはかかっているはずですが、それにもして二人に一人がCGMを利用しているというのは驚きです。

しかも、そのCGMを利用している人たちというのは、

利用者は非利用者よりも影響力が高い傾向があり、特に「人から相談され、すすめた商品が購入された」27.3%が目立った

と分析されています。情報発信するくらいだから、その製品に関してはそれなりに知っていて、セールスポイントも分かっているということですよね。やはり個人のCGMは無視できませんな。

以上が個人編。

企業編では、

CGM利用企業は全体の57%を占めることがわかった。また業務担当者別に見ると、Webサイト担当者およびネットワーク全般の担当者において、CGM利用率は100%だった。

という調査結果が出ています。なんと100%!