職場の人と飲む酒、平均予算は前年比4%増の4811円、キリンの調査という記事より。

キリンビールは9月5日、「会社(職場)の人とのお酒の飲み方」について調査した結果をまとめた。それによると、職場の人と酒を飲む頻度は月平均1.9日で前年の調査と同じだが、1回あたりの平均予算は4811円で、前年から185円(約3.9%)増えた。

「会社(職場)の人とのお酒の飲み方」に関する調査ですって。なかなかユニークな調査ですね。

頻度が月平均1.9日ということで、だいたい2回くらいは職場の人と飲みに行くという感じでしょうかね。

その際の平均予算は4,811円だそうです。こちらは約5,000円て感じでしょうか。前年から185円増えたということで、微妙に景気回復ですか?

まあでも、確かに1回飲みに行くと4,000〜5,000円くらいはかかりますね。

「上司/先輩が、部下/後輩と飲みにいく場合、支払い金額の比率は55:45という」というのはまたこれ微妙な数字ですね。

酒の席の主な話題を尋ねたところ、「仕事の話」という回答が79.5%と最も多く、これに「仕事の愚痴・失敗談」(50.4%)、「職場のうわさ」(43.0%)と続いた。

仕事の憂さ晴らし、仲間とのコミュニケーションという感じでしょうかね。