ウィキペディアへの月間訪問者数、約半年で200万の増加という記事より。

調査結果によると、2006年5月の1ヶ月のユニークな推定訪問者数は約661万人で、2006年1月に比べ約200万人増加していることが判明した。

ビデオリサーチインタラクティブによる調査結果だそうです。それにしても、約半年で月間の推定訪問者数が200万人も増えているとは。

確かにWikipediaを見る機会は増えています。というより、何か分からないことがあるとWikipediaで検索していますね。まさにオンラインの百科事典です。

訪問者がこれだけ増えている背景に関しては、以下のように説明されています。

訪問者数の増加には、gooのgoo辞書におけるWikipedia検索、エキサイトの「エキサイトismウィキ」、ライブドアの「livedoor Wiki」など、ウィキを活用したサービスが増えていることが影響しているとみている。

どうなんでしょうか。Wikiサービスが増えているからというよりは、Wikipediaの存在感が増しているのではないでしょうか。

WikipediaがWikiかどうかというのは利用者にはあまり関係なく、良いコンテンツがあるから、というのが理由ではないかと思います。ブログで紹介される機会も増えているでしょうしね。

FirefoxユーザはGoogleの検索結果にWikipediaを加える「Googlepedia」が便利です。

■関連記事

「Wikipedia」の訪問者が増え、1年で2.8倍に

かなり見られているな、という数字です。意図的に見ていなくても、検索結果の上位に表示されることも多いですから、そういう意味でも見られる機会が増えているのでしょう。

Wikipediaの訪問者が700万人超える

総訪問者は715万人で、全利用者の18.2%にあたるということです。昨年2月から3倍になっているそうです。