移動端末からのネット利用がPCを逆転、総務省調査という記事より。

個人のインターネット利用端末については、携帯電話などの移動端末利用者が、前年末から1,098万人増加(18.8%増)して推計6,923万人に達し、PC利用者の推定6,601万人を初めて上回るなど、モバイル化の進展が見られた。

総務省が発表した2005年末の「通信利用動向調査」によると、携帯電話などの移動端末からのインターネット利用者数が、PCからの利用者数を初めて上回ったということです。

・携帯電話などの移動端末利用者 6,923万人
・PC利用者 6,601万人

となっています。

なお、インターネット利用者は8,529万人と推定されています。その過半数の4,862万人はPCと移動端末を利用していますが、PCのみの利用者は1,585万人で、前回から521万人減少しているということです。

ちなみにブロードバンド回線の利用者は65%、このうち光回線の利用者は6.1%から14.8%と倍増しており、一方DSL利用者は減少しているそうです。ネット利用を取り巻く環境が変化しつつあることが分かります。

女子高生が携帯電話でググるというのも、すぐに普通になるのでしょうね。そうなると、女子高生がPCで検索するときも、やっぱりググるようになるんでしょうね?

■関連記事

携帯インターネット利用者がPC利用者を初めて超える - 総務省

総務省が毎年行っている「通信利用動向調査」で明らかになったもので、2004年末の時点では、PC利用者が6,416万人、移動端末利用者が5,825万人だったが、移動端末利用者が大きく伸び、2005年末ではPC利用者6,601万人、移動端末利用者6,923万人と逆転。