検索結果は平均3.6ページ閲覧、オプト調査という記事より。

検索結果の閲覧ページ数は平均で3.6ページで、検索結果に満足しなかった場合の対応としては「キーワードを変えて検索しなおす」(46%)、「キーワードを追加して検索しなおす」(45%)という回答が多く、「検索エンジンを変える」(6%)という回答は少ない。

オプトとクロスマーケティングが実施した、検索エンジンの利用状況に関する調査結果です。

「検索結果の閲覧ページ数は平均で3.6ページ」というのはなかなか興味深いですね。30位〜40位くらいまでは見られているということですよね。せいぜい20位くらいまでかな、と思っていたので、意外に見られているな、という印象です。

検索結果に満足できなかった時の対応も、検索エンジンを変える人は非常に少ない。ぼくもそうですね。基本はGoogleです。で、検索結果がいまいちだったら「キーワードを追加して検索しなおす」という感じです。

Yahoo! JAPAN、Googleともに、年齢が上がるにつれてスポンサーサイトへの注目度が高くなる傾向が見られたという。

これも興味深いところ。先日のよく利用する検索サイトはYahoo! が6割のより詳しい結果です。