検索サイト10人中6人がYahoo!という記事。

「よく利用する検索サイトは」との質問には、59%が「Yahoo! JAPAN」、25%が「Google」と答えた。また、検索サイトを利用するきっかけは「知人・家族から聞いて」(40%)がもっとも多く、「テレビを観て」(33%)、「雑誌記事を見て」(32%)が続いた。

オプトとクロス・マーケティングが実施した「検索エンジン利用状況実態調査」の結果だそうです。

それによると「よく利用する検索サイトは」という質問には、

・Yahoo! JAPAN 59%
・Google 25%

という結果だったそうです。まあそんなもんかなという気もしますが、Yahoo! が思ったより少ないというかGoogleが多かったというか。

また面白い結果として、

検索結果画面に同じ企業のウェブサイトが重複して表示された場合は、「しつこいと思う」(27%)と否定的に感じている人がもっとも多かったが、「有名な企業のウェブサイトだと思う」(22%)、「良い情報が掲載されているウェブサイトだと思う」(19%)と好意的な声もあがった。

というデータもあります。普通に考えれば「しつこい」だと思うのですが、好意的に捉えられる場合も多いようですね。