世界ITランキングで米国が首位奪回、日本はトップ10から脱落という記事より。

世界経済フォーラムは3月28日、世界115カ国・地域の情報通信技術整備度について評価した2005~2006年のランキングを発表した。

1位は5位から返り咲いたアメリカ、2位に1位から落ちたシンガポールなどとなっています。

上位10位には以下、デンマーク、アイスランド、フィンランド、カナダ、台湾、スウェーデン、スイス、英国が入った。

日本は? というと、8位から16位に後退しています。香港が11位、韓国が14位などとなっています。

どういうデータでランキングされているかというと、

ランキング作成に当たっては、情報通信技術関連のマクロ経済/規制/インフラ環境、個人/企業/政府における情報通信技術の利用態勢、最新技術の実際の利用状況、という3つの指標が評価された。

このような指標があるそう。