Wikipedia訪問者が1年で3倍、700万人超にという記事。

ネットレイティングスがまとめた2月の国内インターネット利用動向調査によると、フリー百科事典「Wikipedia」への訪問者数が700万人を超えた。

総訪問者は715万人で、全利用者の18.2%にあたるということです。昨年2月から3倍になっているそうです。

Wikipediaは検索結果の上位に表示されることも多いですから、調べものをしている人が知らない間にWikipediaを見ているということは多いでしょうね。

流入元はYahoo!JAPANの検索(42.0%)、Googleの検索(21.6%)が多いが、「Yahoo!トピックス」からも20.9%が訪れていた。

やはり検索が多いみたいです。しかもYahoo! 経由はGoogle経由の2倍ですか。比較的なライトなユーザでもWikipediaを使っているかもしれませんね。

ちなみに、Wikipediaはちょっと検索が重かったりするのですが、やじうまウォッチで紹介されていたHyper Estraierを使うと、高速検索が可能です。

■関連記事

「ウィキペディア」訪問者が月間700万人に、ネットレイティングス調査

米国のウィキペディア利用者は日本のほぼ2倍にあたる1,416万人だが、全ネット利用者に占める訪問率(リーチ)でみると、米国の10.1%に対して日本は18.2%と大きく上回っているという。