結果発表:「LISMO」は「iPod+iTunes」には勝てない?という記事。

グラフのとおり、全体では8割強がiPod+iTunesを支持するという結果になった。auユーザーに限れば比較的LISMOを支持する傾向があるが、それでも76.6%は“iPod派”。

ITmedia読者に聞いた「LISMO」と「iPod+iTunes」に関するアンケート調査結果が発表されています。

ITmedia読者の8割強が「iPod+iTunes」を支持する結果となっています。なお、回答者のうちに「iPodを持っている」のは57.1%にも。

「LISMO」が不評なのは、

・対応フォーマットが少ない(aacPlusのみ)
・価格
・音質
・音楽ソフトの使い勝手が悪い/悪いのではないか
・対応OSが限られる

などの順番となっています。特に「対応フォーマットが少ない」のはネックになっているようです。

「ソニーが対応フォーマットや著作権の縛りで失敗したという例があるので、LISMOももう少しオープンに行った方がいいと思います」「Macユーザーは少ないとはいえ、このテのサービスのインフルエンサーになりかねないだけに、そこを無視したサービスの展開は納得いかないところがあります」などのコメントが。

逆にこれだけ評判の悪い点があぶり出されると、

・対応フォーマットを増やす
・楽曲の価格を下げる
・ソフトをバージョンアップする(ユーザの声を聞いて)
・Macにも対応する

などすると、かなり具合がよくなるんじゃないか、という気もしますね。