2005年の日本のインターネット総広告費は2,808億円〜電通調査という記事より。

2005年の日本の総広告費は5兆9,625億円で、前年比1.8%の増加。このうちインターネット広告費は2,808億円で、前年比54.8%の増加となった。

当然ですが、インターネット広告費の伸び率は依然として高いです。内訳はモバイル広告費が288億円、検索連動広告費が590億円となっています。

電通では、

インターネット利用者の増加やブロードバンド回線の利用率の上昇などにより、媒体各社でも豊かな表現を可能にする大容量のバナー商品や大型スペースなどの販売が加速した結果、広告の単価が上がり、売上の増加につながっている

と分析しています。確かに、単なるバナー広告ではなく、アニメーションに凝っていたりFlashだったりということも増えている気がします。

そしてわずかではありますが、テレビの広告費が減少しているのも注目です。マスコミ主要4媒体(テレビ・新聞・雑誌・ラジオ)の2005年の広告費は以下の通り。

・テレビ 2兆411億円(前年比0.1%減)
・新聞 1兆377億円(同1.7%減)
・雑誌 3,945億円(同0.6%減)
・ラジオ 1,778億円(同0.9%減)

この勢いでインターネット広告費が伸びて行くと、いずれ雑誌を追い抜くのも時間の問題かもしれません。

■関連記事

GoogleとYahoo!の広告インプレッション、順調な伸び

Nielsen//NetRatingsのまとめによると、米GoogleとYahoo!の広告付きリンクのインプレッションは、過去半年で16%増加した。