サーチエンジン経由のコンバージョンレートはバナー広告などの2倍以上という記事。

サーチエンジンによって獲得したトラフィックのコンバージョンレートは、バナー広告やアフィリエイトなど、その他の手法の2倍以上にも達することが、30日に発表された米WebSideStoryの調査結果でわかった。

コンバージョンレートは、例えばネタフル経由でモノを購入したり資料請求した人の割合を示します。この検索エンジン経由だと、バナー広告やアフィリエイトと比較して2倍以上もコンバージョンレートが高いそうです。

って、ちょっと驚く数字ですね。

2005年10月から12月に行われたWebSideStoryの調査では、

・サーチエンジンによる一般消費者向けオンラインショッピングサイトのコンバージョンレートは2.30%
・バナー広告、アフィリエイト広告、ショッピングサーチエンジン、その他のリンク手法によるコンバージョンレートは0.96%

という結果が出たんだそうです。

ちなみにコンバージョンレートが最も高かったのは、ブックマークに登録してあるサイトや直接URLを入力した場合で4.23%とのこと。

確かに、バナー広告と検索エンジンでは目的が違います。ただ何となく興味を持ってクリックするバナー広告と、ニーズを持って使っている検索エンジンの違いですね。

そう考えると、

・検索エンジン→ゴール

がベストですが、最近では、

・検索エンジン→ブログ→ゴール

というのが重要になっているのがよく分かりますね。